INTERVIEW

ラボで働く
中の人。

  1. HOME
  2. インタビュー
  3. とこラボインタビュー3

斉藤 正幸
40代

とこラボインタビュー3

あなたの担当業務を教えてください。
コングスバーグ(シートや板をカットする機械)と電材(LED等)です。
業務において一番こだわりを持っている部分はどこですか?
コングスバーグ ⇒ 【スピード&クオリティ】です。
           多数の案件、時間のかかる案件を効率良く動かすために日々スケジュールを組み、
           カット精度を保ちながらいかに生産性をあげるかを考えております。

電材 ⇒ こだわりというより気を付けていることになりますが、配線やハンダ接着などの見えない部分も
     しっかり作り込んでいます。断線や接触不良がなく、少しでも長く使用していただける物を提供できるよう心掛けてます。
とこラボの強みは何だと思いますか?
お客様一人一人のご要望や、ご意見をとにかくよく聞く事です。時にはお客様と一緒に考え、ゴールを探る事もあります。
チームメイトと言えるようなお客様もいらっしゃいます。
お客様のやりたいこと、欲しい物をとことん追求する点で自信があります。
印象に残っているお仕事はなんですか?話せる範囲で教えてください。
国民的アニメのイベント装飾が成功出来たことです。
営業部・デザイン部・とこラボ・施工部など全部署会社一丸になれた案件だったと感じます。

もう1つは今も現在進行中ですが、アクリルパーテーションカット(コングスバーグ)になると思います。
コロナ禍により今も依頼が止まらない状況です。
まだまだこれからもお客様のお力になっていきたい案件です。
とこラボを通じて今後やっていきたいこと、やりたいことはありますか?
サクラタウンとのコラボレーションでアニメ関係のお仕事を増やしていけたらなぁと思います。
【とこラボ=アニメ】みたいなイメージを作っても面白いと思います。