concept

ワクワクをつくります。

とこラボはただの工場ではありません。
地元企業の皆さまと一緒になって価値を「研究」する、つくり出す場所です。
モノづくりに関することを一緒に考え「研究」し、答えを導き出す場所です。
大判印刷とディスプレイ製作で、地元の皆さんと一緒になって所沢を未来(ワクワク)をつくります!
それが所沢クリエイティブラボ「とこラボ」です。

Print - 大判印刷 -

大判印刷・大判プリントは、その名の通り大型のプリンターを使った大きいサイズの印刷のことで、通常の印刷機や家庭用のプリンターではプリントすることのできない【A2サイズ以上】を大判プリントと呼んでいます。
街中で目にするポスター、大きな広告、看板、床に貼られているシールなど、あらゆる場面で大判プリントの印刷物が活用されています。お店のディスプレイ装飾なども、大判プリントで印刷したシートをパネルや資材に貼り、カットしたり組み立てたりする「後加工」を行うことで、ワクワクするディスプレイ装飾へと生まれ変わります。大判プリントはあらゆるディスプレイ装飾のベースになってます。

Display - ディスプレイ製作 -

ディスプレイ装飾は、「販売促進」を目的とした空間演出、飾り付けです。私たちは大判プリントを中心としてオリジナルの空間づくりを行っています。
私たちの作るディスプレイは、そのコンテンツを愛するファンの方々、お店の方々の想いを大切にし、想いを繋ぐ役割担っていると考えています。
ファン心をくすぐる演出、世界観を作り出すディスプレイアイテムの数々、訪れた人がファンになる空間づくり、ディスプレイづくりは、年間2200件の現場を自分たちで納めている、モノづくりの枠にとどまらない私たちの強みです。

とこラボは皆さまのイメージをカタチにします。
よりよい付加価値を生み出すための設備、それを使いこなすベテランオペレーター、本社に30名以上在籍しているデザイナー、経験豊富な施工スタッフ、社内の全部署が一丸となって対応する「対応力」「現場力」が自慢です。

印刷だけでも。印刷+後加工も。さらに取付施工も。

様々な空間演出で活用されるグラフィックシート

大判プリントの代名詞ともいえる「グラフィックシート」。
デザインされたグラフィック(意匠)や写真画像をメディアと呼ばれるプリント用の資材に印刷を行うことで出来上がります。グラフィックシートの多くは裏側に糊が付いており、壁、扉、ウインドウ、床など貼りたい場所へ貼るために様々な種類のメディアがあります。
道行く人へのアピールにもなるウインドウグラフィック、空間そのものを彩る壁面グラフィック、利用者へ高い訴求力を生み出すエレベータ―扉へのシート貼り。コーナーへの誘導となる床用サインなど、活用方法は様々です。

『入稿データが作れない…』そんなときもご相談ください。

その大判プリントで重要となるのが「印刷データ」です。大判プリントには大判プリントの入稿データづくりのルールがあります。これを守らなければイメージ通りの成果物が仕上がりません。
特に後加工が必要となるパネル・ディスプレイアイテムは、仕上がりをイメージしたデータ作りが必要となります。
私たちとこラボには20年間、あらゆる大判プリンターで出力を担ってきた行ってきたベテランオペレーターと、お客様からいただいたデータをチェックする専門部署が、皆さまのデータ入稿をフォローいたします。
デザインデータ、印刷して欲しいデータはあるが入稿データが作れない。
安心してお任せください。私たちがその思いをプリントいたします。